« だれてない、軽いだけ・・・ | トップページ | 練習、今日も暑い! »

2005年9月30日 (金)

楽しいレッスン日!

■今日のレッスン

  ・「セクション(lesson20a)」

  ・「セクション(lesson20b)」

*   *   *

今日は、先日のバンド練習の時に、「8ビートっぽい」指摘された「OYE COMO VA」のラテンリズムと、「BLACK MAGIC WOMAN」の難関'2拍3連符'のアドバイスを古川先生にいただきました。
なるほど〜〜!と感嘆。先達の深さを再確認。
アドバイスいただかなかったら、1年でも悩む所でした(笑)。

レッスンは、有無を言わせず「セクション」(汗+笑)。
今の時期、チャンスかも。だれているから、妙なアレンジしても「ヤバッ!!」と青くならずに、「わはは〜!」と笑えるから。

数日前、夢を見た。
3年前までお世話になっていた電子オルガンのM先生を、レッスンが終わって、バス停まで送って行く夢だった。先生に、「さようなら」と言った。
いろんな音色やリズムを自分で作って、うんと遊んでみたいと思って始めた電子オルガンだったけれど、6年間続けて、結局、魔法のような機能を持っているシンセサイザーの使い方を、わたしは殆ど学べなかった・・・

そんなわたしに、「さようなら」と言ったような気がした。M先生は素敵な先生だったけれど、音楽に自分を表現することを、わたし、もう怖がらないよ

|

« だれてない、軽いだけ・・・ | トップページ | 練習、今日も暑い! »

ドラムのレッスン日」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

今日は、レッスンお疲れ様でした。
恵子さんは、誰よりも努力されている方なので、レッスンの短い時間で出来るだけ沢山のことを持って帰ってもらおうという想いで、ついつい、ちょっと強引なレッスンになってしまったかもしれません。ごめんなさい。m(__)m
セクションを最小の単位で細分化し、例えば16部音符のアクセントであると捉えると、(デジタルのオン・オフっぽく理解する)と、隙間に入れるフィルインであるとか、他の楽器とのユニゾンのパートなどの、アプローチのアイデアが広がります。
また、休符や付点音符の長さも計りやすく他の楽器の方と同じ理解をすると、複雑なユニゾンプレイも、正確に容易に合わせることが出来ます。
迫り来る時間のプレッシャーと戦いながら、特にラテンナンバーに有利な、この符割の把握のコツを伝えたくて・・・。
ちょっと今日はハシリ気味の古川でした。
来週のレッスンは、最高のグルーブでお届けします。(反省)

投稿: 古川 日呂之 | 2005年10月 1日 (土) 01時27分

なんのなんの、けっこう打たれ強いタイプなので(笑)。

間違うことに対する恐怖感というか罪悪感というか、小さい頃からの思い癖のようなものがあって、なかなかハードルを越えることが出来ないで今まで来てしまいました(長い道のり)。
一朝一夕で獲得できるものではないことはよく分かっていますが、そろそろ飛び越えてもいい頃かと・・・夢をきっかけにそんなことを思っていました。

 M先生は小柄でキュートな女の先生でしたが、マジ怖かったです(笑)。 

投稿: 恵子 | 2005年10月 1日 (土) 15時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131687/44958393

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しいレッスン日!:

« だれてない、軽いだけ・・・ | トップページ | 練習、今日も暑い! »