« もう、とにかく忙しい | トップページ | 多忙の理由(その2) »

2009年11月17日 (火)

実は多忙の理由(その1)

このところ忙しくて・・・と書いて来たけれど、実はその理由のひとつが・・・

11月10日(火)から、県の貿易協会で、研修生2名の日本語の授業を担当することになりました。今日は二回目の授業。

以前、県の国際交流課の研修生(ブラジル・ボリビア・パラグァイ・韓国)に日本語を教えたことがあったのだけれど、もう随分前のことなので、日本語の授業はほんとうに久しぶり。


研修生は、郭くんと、陳さん。
中国福建省から来ていて、ともに26才、中国では専門学校で日本語の先生をしています。日本語の習得レベルは二人ともかなり高く、日常会話はぜんぜんおっけー。
今日は難解なビジネス文書にも挑戦しました。

写真は先週、「敬語」の授業で、「丁寧語・謙譲語」のプリントに挑戦しているところ、がんばれ!

091117_3


二人のプリントは上出来!!pass
日本の若者よ、見習いましょう!!happy01

091117_2


左のお茶「桂花」は陳さんからいただいた中国のお土産、お肌に良くて、美人になるんだって!!
右の漆器は郭くんから。お酒のおちょこに使うそうです。ビールには小さいけれど、コーリャンとかいいよね。

091117_1


来年1月まで、毎週火曜日、楽しく、役に立つ日本語の授業をしようと思います。

・・・・・ということで、これが、多忙の一番の理由でした。
多忙の種はまだ三つあるけど、それはぼちぼちと。

|

« もう、とにかく忙しい | トップページ | 多忙の理由(その2) »

日本語教師奮闘記」カテゴリの記事

コメント

日本語を教えるのって、けっこう下準備とか
いっぱいあるんですよね。教材も自分で手作り
したりとか。私も日本語のガイド達に教えたこ
とがあるので、その忙しさ、わかります。
初級レベルじゃなかっただけでも良かったかも。
初級は本当に大変ですからね〜。
クリ先生、加油!

投稿: バリ猫 | 2009年11月17日 (火) 21時40分

>バリ猫さん

バリ猫さんも教えたことあるんですね!
ホント、教材の準備等はかなり厳しいですね、手作りですから。
今回は中級以上のレベルなので、楽な反面、もっとスキルアップする為に何を教えればいいか、という悩みがあります。

初級は大変ですよね。今後、初級の人たちにも教えることになるかもしれないので、ちょっとドキドキです。

投稿: クリ | 2009年11月17日 (火) 22時00分

多忙の理由のひとつが「いいこと」だったのでよかったhappy01
安心しました。

投稿: ple. | 2009年11月18日 (水) 07時34分

>ple.さん

ども、ご心配おかけしちゃったみたいでごめんなさい。

多忙の種はどれも新しいことへの挑戦みたいなものなので、ワクワクな部分が多いんだけれど、同じくらい不安もあって・・・。

でも、もう動き始めているから、がんばるね。

投稿: クリ | 2009年11月18日 (水) 11時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131687/46789825

この記事へのトラックバック一覧です: 実は多忙の理由(その1):

« もう、とにかく忙しい | トップページ | 多忙の理由(その2) »