« L'ENNUI | トップページ | ハートとリアルのずれ… »

2010年7月11日 (日)

中村紘子ピアノリサイタル

   ◆中村紘子◆
  デビュー50周年記念ピアノリサイタル

100711


友だちから誘われて、大御所、中村紘子さんのピアノリサイタルを聴きに行きました。

天才の名を欲しいままにし、その上美しい中村紘子さんは、ピアニストとしてだけでなく、わたしたちの年代の女性の憧れの存在でした。

なんと、席は前から二列目。
それもステージに向かって左側で、演奏中の手元がバッチリ見える!!こんな席、初めてだぁ〜〜

ステージには、スタンウェイのピアノと、椅子だけ。

ステージの袖から現れた女王は、白と黒のドレス。
ふわりとドレスの裾をさばいて女王が椅子に座ったとたん、ピアノが極彩色の悲鳴を上げた。


中村紘子さんと言うと、ショパンを弾く美しいピアニスト・・・という印象が強かったので、繊細できらびやかな音を想像していったのだけれど、一曲目で見事に覆されました!!


席から、演奏中の中村さんの表情を見ることは出来なかったのですが、後ろ姿の中村さんは、まるでピアノと格闘しているような感じがしました。

大音量で最終小節の演奏を終え、一瞬空気を静止させた後、またふわりとドレスを揺らして席を立つと、一礼して、まるで『ちょっと小手調べです』という表情。

  おぉぉぉぉ〜〜〜


わたしの携帯の着信音にしている『黒鍵』や、子どもの頃から大好きな『英雄ポロネーズ』を聴くことが出来て、ほんとうに嬉しかったです。


鳴り止まないアンコールには、真央ちゃんのフリープログラムで使われていた『鐘』や、ガーシュインなど、5曲も!!


ステキでした〜〜lovely

|

« L'ENNUI | トップページ | ハートとリアルのずれ… »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131687/48853260

この記事へのトラックバック一覧です: 中村紘子ピアノリサイタル:

« L'ENNUI | トップページ | ハートとリアルのずれ… »