« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月29日 (火)

一足早いソメイヨシノ

日中、まるで夕暮れのように真っ暗になったかと思うと、雷が鳴った。

風がまだまだ冷たい


まずは形から・・・

一足早いソメイヨシノ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月27日 (日)

厳しく危険な一言・・・

ここ数日、ちょっと春の日射しにやられて・・・

というか

実はこの季節が一番苦手で。


爽やかな風や、大きく広がる青い空を見ると、理由も無く気後れしてしまって
こころが凋んでしまうんですよね・・・

そんな自分がもどかしくて
情けなくて
なんとかしないとと気持ちは焦るのに

こころにちからがない・・・

今はわたしもずいぶん丈夫になったので、この季節になってもだいたい平気なんだけれど、今年はちょっとやられた・・・


東北で被災された方たちの苦しみに比べると
比較する対象にもならないほどのちっぽけな憂い

でも、だから、
そんな些細なことでちからを無くしている自分が情けなくて、ますます自分がいやになる

そんな時に、

「東北で被災された人たちに比べたら」

ときっぱり言われてしまうと、ちょっと立ち上がれなくなる・・・


自分でもわかっているから、痛い・・


無理に叱咤しないで、今日はゆるゆる過ごしました。

明日は元気になります。

| | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

~祈り~ キベラから日本へ

Prayers from kibara for Japan

~祈り~ キベラから日本へ

yahoo!の映像トピックスで見つけました。

キベラの子どもたち、どうもありがとう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

弥生憂い・・・

「贅沢言ってられないからね・・・今は何もね・・・」

ことばを詰まらせながら、被災者が語る・・・


わたしはテレビを見ながら、ぽろぽろとなみだを流す・・・


風が冷たい・・・

東北の夜は、もっと冷たいだろう


被災地と

夜と海と点灯したままの赤が

エキスだけになって張り付いて来る、怖い


こころが秒針に絡まって
ちぎられていくような・・・


そんな気がする 今は



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

今年度最後のカキ小屋

カキ小屋に行ってきました。多分今年度はこれが最後。

去年行った時は、猛暑のせいでカキも小振りだったけれど、もうしっかり大きく成長していました。

海を眺めながら、つい思いは被災地に・・・

でも、わたしたちは普通に暮らして、日本の経済を支える力にならなくてはいけないのだからと、言い訳のように自分に言い聞かせて。
110320_4_2

110320_3_2

りっぱに大きく成長したカキです。
110320_1_2

とってもおいしかった!


海に向かったお庭に咲いていた、かわいい黄水仙。
また来年くるね!
110320_2_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

仲間たちの支援

山形で被災した同級生Rちゃんの無事がわかって安堵していたところ、メーリングリストに次々と、同級生仲間から心強いメールが届いています。


O製薬会社に勤務しているY君からは、農林水産省をはじめとする関係省庁、各地自治体や対策本部、自衛隊などと連携して、食料品、飲料などの大量な援助の品が送られたそうです。

T自動車に勤務しているHくんからは、大型トラック20台とドライバー40名が応援に出ているとの情報が入りました。
『福島に行くドライバーが居なければ、僕が出るつもりでいます。』とのことばも。

四国に住んでいるS君の奥さん(看護士さん)は、災害派遣職員として陸路仙台に向かったそうです。

長崎大学の医師S君は、長崎大学の練習船「長崎丸」に搭乗して、医学生、研修生達とともに、福島に救援に向かいました。現地での状況は、凄惨を極めているそうです。

最後に、自衛隊のK君からのメールを、一部コピーします。
どうかみなさん、身体に気をつけてがんばってください!!

陸、海、空自衛隊は一刻も早く一人でも多くの人命を救うべく、日本全国に展開している隊員、装備品、食料、水、機動力など持てる力を東北地方に集中させ、可能な限りの活動をしています。

被害があまりにも甚大で範囲も広範であり、陸路ではアクセスできない場所もあることに加え、宮城県の松島基地などのように自衛隊の基地そのものが完全に水没した所もあることから、まだ十分な活動が行われていないと感じておられる方も多いと思いますが、皆それぞれの持ち場で、持てる力のすべてを出しています。

現実とは思えないほど悲惨な現場が広がっており、被災された方の絶望感は推し量ることができないほどですが、一人でも多くの国民を救うとともにあの美しい景色を取り戻すべく、力の限り頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

東北地方太平洋沖地震

あまりに悲惨で辛過ぎて、これまで書けなかった・・・・・・

学校の卒業式が終わって、教務室で談笑している時

「東北で地震だ、10mの津波が来る!!!」
パソコンでニュースをチェックしていたH先生が叫んだ。

仙台から赴任している先生もいる、皆、息を飲んだ・・・

テレビの画面に釘付けになった


夜も眠れなかった

今日、募金をしました。
わたしは何も出来ないけれど
被災した方々の力に、少しでもなれたら・・・

被災地の方々
どうか、希望を捨てずに、がんばってください
何も出来ない自分がもどかしいけれど、
ずっとずっと,応援しています!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

卒業式

今日は、学校の卒業式でした。

新設の我が校は、4学科揃って卒業生を送り出すのは、今年が初めてなんです!


式典が始まる前の会場・・・

110311_2_2


卒業証書授与のリハーサル時のスナップsign01

学校では、ジャージかジーンズか白衣しか見たことがない学生たちだけど、今日はみんなビシッと決まってカッコいいheart04

110311_1_2


今日のわたしの役割は、修了証書や賞状の授与の『補助の補佐』というものhappy01

校長が授与する賞状などを、お盆に入れて運ぶのが『補助』の役目で、『補助の補佐』というのは、式の進行に沿って、順番通り、賞状などをお盆に準備する、というものなんですねcoldsweats01

補助をするのは、図書室事務のKさん。
壇上に上がったり下りたりと、卒業式で一番動きが多い役目で、ちょっと緊張しています。

110311_3


Kさんとわたしは、金屏風の裏側に張り付き。
卒業生たちの様子は・・・わずかここから見えるだけ〜〜〜coldsweats01

110311_4_2


いや〜〜、いい卒業式でした。


わたしは社会人の職業訓練の授業担当なので、直接本科生の授業を持つことはなかったけれど、顔なじみの学生たちもたくさんいたから、ちょっと寂しくなります・・・weep

卒業生のこれからの未来に幸あれsign01
こころからエールを送りますsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

美容室でカット&カラー

週末の金曜日、仕事帰りに行きつけの美容室へ行ってきました。

いつも「好きなようにしてね〜」と言う、依頼心100%の客なんだけど、「全部お任せ」で、鏡も見ないまま出来上がっちゃう。
長くお世話になっていると、もう、他の美容室に行こうなんて思わないもんね。
先生と、お店への信頼感は、ゆるぎないものがあるなって思う。

今日は、落ち着いたカラーと。ちょっとボブっぽいカットで、春らしくさらっと出来ていました。
もちろん満足ですhappy01

週明けは、春ヘアーで出勤するよsign01

おっと、その前に、明日は飲み会だったhappy01heart04

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »