« パパリナnight(4) | トップページ | 4月1日の思い出 »

2012年3月30日 (金)

さくら

  世の中に 絶えて桜の なかりせば
       春の心は のどけからまし

毎年、この季節になると必ず、胸の痛む思いとともに思い出す歌、平安時代初期の在原業平の歌です。

現代語訳すれば、『この世に、桜の花がなかったなら(強い風が吹いて花びらが飛ばされるんじゃないかとか、雨が降って桜が散ってしまうのではないかとか)、心配でゆっくり過ごせないなんてことはなかっただろうになぁ〜』、という感じでしょうか。


まだまだ固かった桜のつぼみが、ここ数日で解け、今日車を走らせたら、町内の桜はこんなに・・・

120330_2


空に上ろうとするしゃぼん玉を、枝一杯に付けたような桜の木
桜の花にこんなにこころが揺れるのは、日本人だからなのかなぁ・・・


用を済ませて夕方、家路を急いでいると、フロントガラスに雨が・・・

あぁ、業平さん
今年も桜が心配で
わたしのこころも千々に乱れています(笑)

|

« パパリナnight(4) | トップページ | 4月1日の思い出 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/131687/54347125

この記事へのトラックバック一覧です: さくら:

« パパリナnight(4) | トップページ | 4月1日の思い出 »