« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月29日 (土)

ゆっくり休日

台風接近中ですが、気温も過ごしやすく、久しぶりに一日ゆっくりしましたhappy01(今週から、月~金の週5日お仕事になったので)

朝からたまっていた掃除、お洗濯を済ませ、午後にはショッピングにお出かけ。

新しい環境になって、これまで時間の遣り繰りに追われていたような気がするけれど、ようやくわたしなりのパターンを作りつつあるかな・・・という感じ
  ・・・・・・もうちょっとかなconfident

明日もうんと楽しく過ごしますhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月26日 (水)

白い彼岸花

今日の講習があった公民館の庭先・・・白い彼岸花、珍しいよね〜

以前テレビで見て、ヘー、と思っていたけれど、こんなに身近に見つけました。

120926_2


妖艶な姿が、どうも虫の「○モ」を思い起こさせて、実はあまり得意ではないんだけれどcoldsweats01

でも、お彼岸の頃になると、決まって満開になるよね。

120926_1

ちなみに、「マンジュシャゲ、マンジュシャカ」という別名は、サンスクリット語の「manjusaka」の音写なんですって、

へ~~confident

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

紫蘇の実の塩漬け

紫蘇だらけだった今年の庭でしたが、今はこんなふう

葉っぱはもう元気が無くなって、その代わり、白い小さな花の後にたくさんの実がついています。

120923_1


実の付いた茎を摘み取って・・・

120923_2


水洗いして乾かした後、茎をしごくようにして実を取りました。
今、塩水に浸けてアク抜き中

120923_3


夕方、再度塩水を変えてつけ込みます。

自分で浸けるんだから、美味しいだろうなぁ・・・confident


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

台風接近の連休中日

連休中日なのに大型台風Sanba接近中

お買い物に行ったり、お料理をしたり、撮り溜めていた洋画を観たり・・・と、一見いつもと変わらない時間を過ごしながら

  こころは凪いでいる


風は刻々と、強く海を打ち始めたけれど

  平らかな穏やかな

  大きな一日・・・


ありがとう



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月14日 (金)

イメチェンはウランちゃん?

美容室に行きました。

うんと長いこと行きつけのお店だから、先生とはアウンの呼吸、座ってもリクエストとかしないんです、「適当に」、とか「好きにして」って感じでhappy01

で、今日は、そろそろ秋でもあるし、先生から「ちょっとイメージチェンジしようか、カールしてみたら?」って言われて、そういうことになったわけです、パーマっていうやつです。

わたしは不器用で、なかなかうまくブローができないから、もう何年もパーマかけたことはなかったんですよね。美容室ではバッチリの出来上がりでも、一旦家に帰って髪を洗うと、悲しいかな、どうしようもないクリクリ頭になっちゃうcoldsweats01


 実は今回も家に帰ると、『ウランちゃん』みたいだと言われた・・・

鉄腕アトムのウランちゃんですね

U_2

    ま、いっか・・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月11日 (火)

玄関のニチニチソウ

今年の夏も暑かった・・・

ようやく9月・・・


とはいえ、ここ数日、朝夕のカーテン越しにひんやりした風を感じると、いつものことながら、ちょろっと寂しくなってしまうんですよねweep

でも、そんなセンチメンタルな気分も吹き飛ばしてしまうような元気なニチニチソウです!
見るたびににっこりしちゃうhappy01heart04


お日さまにもうんと当てて、栄養もしっかりあげるからね

だから、もうちょっとがんばって咲いてね、わたしのために。

120911


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

レゲエの夜

Third Worldを聴きながら・・・
レゲエな夜です

朝の雷雨は嘘のよう
秋の虫が競うように鳴いています


来し方と、行く末とを

確認しながら生きている・・・・・


この不思議な刻


はやく定まればいい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

お前ならもう一度やり直せる

朝の連ドラ『梅ちゃん先生
今日の建造さん(頑固者のお父さん)の台詞です。

医学への道を捨てた長男の竹夫を、父建造は長い間受け入れようとせず、二人の間には深い溝があったんですね。

ところが、順風満帆に見えた竹夫の会社が、外国商社の詐欺に遭い、突然の倒産・・・


ま、よくあるドラマ展開なのですが、今日の建造さんの台詞


   これまでよくがんばった

   お前ならもう一度やり直せる


父親に頑なだった竹夫の目からも、涙がこぼれました。

ぬくもりのある、いいシーンでした。


ちなみに、テレビの前で、わたしがタオルを持って泣いたのは、言うまでもありません・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »