日本語教師奮闘記

2010年3月16日 (火)

ベトナムの研修生 最後の授業

今日はベトナムの研修生、最後の日本語の授業。

わたしは昨日の福岡行きでこころもリフレッシュできたので、今日は元気に早起き(5時半)しました。
造船所の朝は早くて、8時から授業が始まるし、朝はラッシュで倍の時間がかかるので、7時には家を出ます。

ちょっと早めに着いたので、造船所の写真を撮りました。

大きなクレーンがいくつも!

100316_1


これは船がドックに入るところかなぁ・・・大きいです!

100316_2


社員の入り口にはこんなスローガンが。
気が緩むと、本当に危険なことがたくさんあるのだと思います。

100316_3


ここで船を造るのかな?
いろんな形の鉄板がいっぱい。

100316_4


教室にしている「会議室」の窓から、隣接したお隣の造船所を見ると、「桟橋」がドックに入っていました。

へぇ〜〜、桟橋もドック入りするんだ・・・と感心していたら、何やら動くものが・・・

100316_6

          ↓拡大写真

100316_8


わはは!ウシねこだ〜〜〜
揺れる桟橋、ねこは恐くないんだなhappy01

ゆうゆうと階段を下りて、どこかへ消えて行きました。

100316_9


さて、研修生たちもいよいよ来週からお仕事です。
作業用の専門用語は、もう一人の先生にしっかり教えてもらっているので、だいじょうぶだと思うけれど、(ちゃんと覚えたかな?)ちょっぴり心配ですcoldsweats01


身体に気をつけて、どうかしっかりがんばってね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

郭さん、陳さんとランチ

去年の11月から今年の1月まで、長崎県貿易協会の研修生として来日した郭さんと陳さんに、日本語の授業をしました。
 ・実は多忙の理由(その1)
 ・最後の授業

ふたりとも、母国では、専門学校で日本語の先生をしているので、日本語の能力はとても高く、コミュニケーションに困ることは殆どありませんでした。

10回の授業はとても楽しく、わたしの担当する研修が終わってからも、メールやskypeのチャットなどでときどき連絡を取り合っていましたが、帰国も間近になり、一緒にランチをしましたdelicious

場所はアミュプラザ内の「大地のテーブル」。
新鮮な食材を使ったバイキングランチで、おしゃべりをしながら、いっぱいいただきました、おいしかった〜!ちなみにこれは一皿目(笑)。

100310_1


郭さん(男性)と陳さん(女性)は、大学時代からの同級生で、とても仲がいいんですよ。
陳さんは、3年前に結婚していますが、郭さんはただいま彼女募集中wink
結婚式には呼んでくれるそうです。(おっと、その前に彼女を早く・・・happy01


下の写真は、着物を着せてもらった時の写真。見たい見たい!と頼んで、送ってもらいました。


陳さん、淡いピンクの訪問着がとても似合ってる。着付けやヘアメイクなどで、1時間半ほどかかったそうです。

貿易協会のあるフロアで。すっかりとけ込んでますね〜〜

100310_3


くんちの龍の前で

100310_5


駅前の高架広場で。
通行人に見られて、ちょっと恥ずかしかったとかhappy01
あ、後ろにわたしの新しい職場が・・・(笑)。

100310_2


郭さんの来ている羽織は、100年以上昔の、由緒あるものだそうです。100310_6


今は大阪に研修、来週は東京だと言っていました。


帰国は29日。たくさんの人たちにかわいがられて、本当にいい研修が出来たみたいで、わたしも嬉しいです。

ふたりがいい研修生で、よくがんばっていたからだよね。


帰国しても、長崎での思い出を宝物にして、がんばって欲しいな。


きっとまた会いましょうね!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

中国の留学生 最後の授業

今日が、専門学校での日本語の最後の授業でした。

たった4ヶ月間だったのですよね。でもなんか、ずっと一緒にいたような感じがする、本当にかわいい学生たちでした。

期間が短かったから、わたしはさらっとお別れしようと思っていたのですが、担任の先生や学生たちが、予想もしなかったプレゼントを・・・かわいい花束とカードです!!授業の最後に記念撮影も!

100308_5_3


授業が終わって、学生たちが帰った後・・・

100308_8


誰もいない教室が、今日はことさら静まり返ったように感じました。

女の子たちが落書きしてくれたホワイトボードも・・・

100308_6

消して・・・・(これを消すのには、かなり時間がかかりました、名残惜しくて・・・)

100308_7_2


最後の、今日の授業の内容と伝達事項を書いて・・・

100308_1_2

教室を出ました。


家に帰って玄関にお花を飾り

100308_4

ようやく、学生たちのカードを読みました。(泣いてしまいそうだったので、家に帰るまで読まなかった)

100308_2

あれ??字が違うよ、文法間違ってるぞ(笑)。
それもまた、なんか嬉しかった。

これからもしっかりお勉強して、それぞれの夢に向かって飛び立って欲しいな。
ずっと応援しているよ!

がんばれ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

ベトナム人研修生授業4回目

今日はベトナム人研修生の、4回目の日本語の授業でした。

研修生たちは、入国して11日目。
日々の行事や勉強、研修と多忙で、さすがに疲れが見えます。
いつもは一番元気なギヤンさんも、寝坊して朝ご飯を食べる時間がなかったらしく、朝からお腹がすいたと言っていました。
ジェントルなナムさんも、一番年上のリーさんも、若干頬がこけていて、ついわたしも、
『今日は勉強は止めて、ファミレス(会社の真ん前にある)にご飯を食べに行きましょうsign01』と言いたくなりました・・・が、それはいけません、今日もしっかりお勉強です(鬼教師か??)。


3人とも本当に疲れているようだったので、数字の数え方の学習もかねて、今日はお買い物のロールプレイングをしました。これは楽しかったようです。

机の上に並んでいる商品?は、全部うちから持ってきたものhappy01

100305_1


午後からは、明日が休日ということもあって、数字の数え方を勉強しながら、ビールbeerを何本飲むか?1本いくらか?で盛り上がりました(笑)
お勉強の時間はなかなか過ぎないけれど、こんな時はあっと言う間に時間が経ってしまいますねぇ〜coldsweats01

ちなみに、ベトナムではウォッカをよく飲むそうです。
ビールもポピュラーで、一番美味しいビールbeerは『ハリケーン(一本7.5円)』だそうです。

おっと、こんな板書をしていていいのか??(笑)

100305_2


ベトナム語は、どこかしらフランス風。
全然解らないわたしに、リーさんが会話集をプレゼントしてくれたのですが・・・
かなり怪しい訳がついていました〜〜happy02

100305_4


ついでにこれも・・・
笑っちゃいましたhappy01

100305_3


通常、日本語の授業は、90分の2コマ(一日3時間)なのですが、研修生の授業は、午前4時間+午後4時間、一日8時間のハードスケジュール。
研修生も大変ですが、実は先生も大変なんですsweat01
研修生が飽きないように、しっかり教材や教案を作って行かなくてはならないので、8時間分の準備はかなりな時間と量に・・・。


4回目の今日が折り返し点。
あと4回、しっかりがんばって、研修生たちのこれから3年間の基礎作りをしたいと思います!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月27日 (土)

ベトナム人研修生来る

予定より3日遅れて、ベトナムから研修生が入国しました。

彼らは長崎の造船所に配属され、3年間、日本で研修と勤務をすることになっています。

で、わたしは、不思議な縁で、その3名の研修生たちに、日本語の授業をすることになりました。


これまで、南米や韓国の研修生に日本語を教えたことがあって、今も専門学校で、中国人留学生に日本語を教えているけれど、ベトナム人と会うのは初めて!


第一日目の授業は、午後からの4時間。
とてもフレンドリーで、ちょっぴりシャイな青年たちに、とても好感が持てましたhappy01


写真は、一昨日の二回目の授業風景です。
この日は、いつも授業で使っている会議室がふさがっていたので、急遽応接室での授業になりました。

左からリーさん、ナムさん、ギヤンさん。
三人とも、とても熱心です。

100227_2


ホワイトボードに、器用に平仮名を書いていくギヤンさん、書き順はかなり怪しいけれど(笑)、上手です〜〜。

200227_1

一番驚いたのは、ベトナムの男性は、ものすごく礼儀正しくて、女性に親切なんですよhappy01


わたしと交代に日本語の授業を担当しているSさん(男性)は、今年日本に帰化した、元ベトナム人なのですが、それはもう優しくて、誰に対しても細かい心遣いをする人です。

研修生3名も、女性に対してはものすごく優しいんですwink
重い荷物を女性に持たせたりは絶対にしないんですよ。面倒な作業は、当然のように男性が代わってくれます。
部屋に入るとき、乗り物に乗るときなどは、欧米のように、必ず女性を先に誘導してくれます。

でありながら、「よく出来ました」という評価には、「いえ、まだまだです」「まだ下手です」という言葉を覚えていました。遠慮深く、日本人とすごく似た感性を持っているんですよね。

これって、ステキ過ぎませんか〜〜??happy02

ベトナムにますます魅力を感じちゃいました。
行きたいな〜〜、ベトナムheart04


・・・おっと、その前に、研修生たちの日本語の授業をしっかりやって、彼らのこれからの日本での生活がスムーズにいくようにしてあげなくっちゃsign01

3回目の授業は3月2日の火曜日。
朝8時から5時までの8時間授業は、さすがにハードだけれど、教案と、楽しい教材をたくさん準備して授業に行こうと思います、がんばるpunch

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

みんなの日本語 初級25課

今日は、25課。

 ・雨がふった、出かけません。
 ・駅に着いた、電話します。

などの、『仮定条件』『確定条件』を作る「」のお勉強をしました。

どうして、「安かったら」と言うのに、「暇かったら」と言わずに、「暇だったら」と言うのでしょう??
日本語は難しいですね〜〜。

ということで、授業風景をちょっとご紹介。
指名された学生が、応用問題の答を、ホワイトボードに書いているところ。

このクラスは18名、明るくて元気な若者たちばかりです。

100201_1

これは、休憩時間に女の子にもらったおやつhappy01
バターケーキとトウモロコシ味のソーセージです、もちろん中国の。

あっ!!よく見ると、賞味期限が20100101となっているではないですかっ?!!
ま、いっか、もう食べちゃったしdelicious

100201_2

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

最後の授業

去年の11月10日から、毎週火曜日の午後(1時〜4時)、県の貿易協会の研修生(2名)に、日本語の授業をして来ましたが、今日、最後の授業でした。

中国の福建省から来た研修生 郭さん(男性)と陳さん(女性)は、日本語の能力がとても高いのですが、それもそのはず、母国中国では、日本語の先生をしているんですよね。

10回の授業の前半は、規定されていた『ビジネス日本語(企業での電話対応、接客対応や、文書の書き方など)』の授業をしましたが、後半は、研修生たちの希望で、日本の伝統芸能を紹介しました。

狂言に始まって、能、歌舞伎と、パソコンを持ち込んで映像を紹介しながらの授業。
子どもの頃日舞を習っていたとは言え、今は自分自身もあまり馴染みのない日本の芸能を、中国の研修生にどうやったら解りやすく教えることが出来るか・・・ああでもない、こうでもないと試行錯誤しながら授業の組み立てをし、図書館の書籍やDVDを借りて、ネットで資料を集め・・・と、準備も大変でしたが、とても楽しかったです。

10回の講義は、ほんとうにあっと言う間に終わって、寂しくなっちゃいました。

100119_3_2
長崎で過ごした4か月間が、ふたりにとって宝物になりますよう。
そうして、中国に帰ってからの若いふたりのこれからの活躍を、心から応援したいです。

がんばれ〜〜!!!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

実は多忙の理由(その1)

このところ忙しくて・・・と書いて来たけれど、実はその理由のひとつが・・・

11月10日(火)から、県の貿易協会で、研修生2名の日本語の授業を担当することになりました。今日は二回目の授業。

以前、県の国際交流課の研修生(ブラジル・ボリビア・パラグァイ・韓国)に日本語を教えたことがあったのだけれど、もう随分前のことなので、日本語の授業はほんとうに久しぶり。


研修生は、郭くんと、陳さん。
中国福建省から来ていて、ともに26才、中国では専門学校で日本語の先生をしています。日本語の習得レベルは二人ともかなり高く、日常会話はぜんぜんおっけー。
今日は難解なビジネス文書にも挑戦しました。

写真は先週、「敬語」の授業で、「丁寧語・謙譲語」のプリントに挑戦しているところ、がんばれ!

091117_3


二人のプリントは上出来!!pass
日本の若者よ、見習いましょう!!happy01

091117_2


左のお茶「桂花」は陳さんからいただいた中国のお土産、お肌に良くて、美人になるんだって!!
右の漆器は郭くんから。お酒のおちょこに使うそうです。ビールには小さいけれど、コーリャンとかいいよね。

091117_1


来年1月まで、毎週火曜日、楽しく、役に立つ日本語の授業をしようと思います。

・・・・・ということで、これが、多忙の一番の理由でした。
多忙の種はまだ三つあるけど、それはぼちぼちと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)